カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
カテゴリー
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE

qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マガキガイ落ちる
何ヶ月ぶりだろうか、(購入)生体を落としてしまってかなりショック。
マガキガイが動いてないことに気付いた時には既に遅く、もう食べられていた。
夜にはペパーミントに引っ張り出され、朝には貝の中身空っぽになっていた。
ごめんよマガキガイ。合掌。

もう一匹は元気にやっているのか、余り動かず砂の中に潜っているが。

なおハゼ、又巣穴に戻った様子。
今度は入り口を変更、見辛い位置にしてしまったが元気に2匹でやっているだけで良しとしなければ。

| 海水魚水槽60センチ | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハゼ、家出する
ヤシャハゼが家出した。

巣穴から飛び出し戻れなくなったのか、何があったのかわからないがクマノミに怯えつつスキマーの下で隠れている。

何とか元に戻って欲しいが又巣穴に追い込むのもどうも忍びないしゴミも舞ってしまって余りよくない。

何かアイデアがあるといいんだけど、自然任せが一番なのかな。

なおかえるうおさんのブログ海水魚飼育日記と相互リンクしました。
URLはこちら
| 海水魚水槽60センチ | 15:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
エビとハゼ、順調
見るなよこの野郎
餌を入れるとエビとハゼは出てくる。
ハゼは見るんじゃねぇよとばかりに (゚-゚)こんな顔してまずは偵察。
しばらくすると全身を出し、エビも一緒に出てくる。

ハゼは餌を食うのに必死。シュアーS冷凍ブラインシュリンプもよく食べます。
淡水用のプレコ用タブレットを小さく割って入れてやると、ペパーミントシュリンプやヤドカリが群がり、ランドールには中々行き渡りません。

ハゼが餌を狙っている間もランドールは一生懸命石巣穴工事。
砂を巣穴から持ち出しては巣穴の前に置いている。

巣穴にしているライブロックからは現在2つの出入り口を作った模様。

とにかく毎日のように顔を出してくれるので本当に嬉しい。
| 海水魚水槽60センチ | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウニ、ついに捕まる
風呂に入ろうと下に下りていき、その前に水槽を眺めると・・・

ガラスに張り付いてるウニ発見。

早速捕獲開始。
網で下に落ちないようガードし、割り箸でつつく。
相変わらず鉄壁のガード。硬いっす。取れないっす。

突く事数回、ウニが諦めたのか遂に網の中へ。
長かったウニとの格闘も遂に終了。

選択肢
,わいそうだがトイレ葬
独房(30センチ殺伐水槽)行き


家族は「ウニは(ライブロックやサンゴに)よくない」という自分の言葉を覚えていて殺してしまえと言うが、ウニには何の罪のない。
殺生はできない性分。よって独房行き決定。
30センチ水槽のウニはどうやら外掛けフィルターの流れ込み部分が気に入った模様で水面すれすれの所に今はいる。アクリル傷つけるらしいけど仕方ないね。
ウニ独房入り

ちなみにこのウニ君には今度串本へダイビングに行くついでに海に帰ってもらう事にする。
果たして捕まえられるかが問題だったりするけど。あの小さな水槽で更外掛けフィルター部分に居付いてくれれば大丈夫だとは思うが。

ちなみにこのウニの名前は「ナガウニ」。サンゴ礁性のウニのようでライブロックについてきたのも納得。
「ガンガゼ」は毒があるため手で触ったら駄目だが、ウチにいたナガウニは特に害はない模様。
| 海水魚水槽60センチ | 00:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
エビとハゼ、姿を見せる
ヤシャとランドール2
今朝家を出る前、ハゼエビの巣穴は完全に塞がっていた。
しかし帰宅後、巣穴はぽっかり口をあけて2匹で遊んでるエビハゼ。

シャッターチャンスとばかりに数枚撮りまくるw
(デジカメは旧式の為画質が荒い)

下手ながらも何とかペアショット。

餌をスポイドで与えたらえらい勢いで食べていた。

ああ、癒されるw
| 海水魚水槽60センチ | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
エビとハゼ、慣れる
ランドールとヤシャハゼ投入後1週間が経った。
2匹とも元気にやっている。

自分が見れるところにライブロックを配置し巣穴を掘らせたので、出てこれば観察も出来るようになってきた。
たまに穴から少しだけ出てきて餌も取りに来てくれるようになったし、2匹で顔を出して、ショップで見たように巣穴の外の砂を取りに来ては戻ったりを繰り返したりもしてくれるようになった。

カクレ達のテリトリー外なので奴らも一応手を出せず一安心。

本当にこの2匹目立つ生き物ではないものの動きが面白い。
偶に出てきたときの嬉しさは格別。

そして全く興味を示していなかった家の人も随分とお気に入りの様子。

まぁ、何はともあれ2匹が無事で、水槽内が平和なことに感謝。
この暑さでクーラーも作動し始めているが順調に冷やしてくれている。
現在設定25℃。水温が26℃になると作動を始めて25℃でストップする仕組みのようだ。ヒーターが同時に動かないようにサーモの調整が少し面倒だったが。
本格的に作動するようになったら水温を26℃に設定しようと思うが、クーラーが動くたびに1℃の温度差はきつい様にも思える。
ファン用の逆サーモなどを使えば上手く制御できないだろうか少し検討中。


| 海水魚水槽60センチ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
エビとハゼ、出会う
ランドールとヤシャを導入後。

5月1日は1日中出かけていた為殆ど観察できず。
エビは快調にトンネル工事を進めている模様。
一方ハゼは見当たらず。

飛び出して干物という最悪のケースも考えたが、どうやらそれはないようだ。

そして今日2日。
換水ついでにライブロックを少し動かしてエビを観察しやすい小さい岩に移動。その岩は一応カクレのテリトリーからは遠ざける。
移動ついでにひょっこり顔を出したヤシャハゼをその岩の傍まで追い込む。

(簡単に書いたけど結構時間かかってますw)

数分後ヤシャが行方不明に。
もしやと思いエビが居た岩をそっと持ち上げるとヤシャ発見。

ついに2匹が出会った!
(無理やり出会わせたとも言う)

ランドールは必死でトンネル工事。
ヤシャはまだ顔を出す気配なし。

タブレットの餌を小さく砕いて穴の前に持っていったら、ランドールが飛びつき穴に持ち帰った。仲良く食べているのだろうか。

さて2,3日すれば出てきてくれるだろうか。非常に楽しみ。



つーか デジカメカムバック。
貸すんじゃなかった。。
| 海水魚水槽60センチ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
遂に共生ハゼ&テッポウエビが仲間入り
ふと見たいつも行くショップのHP。
ネットでのセール広告にGW期間中生体20%OFF。
迷わず早速ショップに走った。

お目当てはハタタテネジリンボウとランドールピストルシュリンプのハゼ&エビコンビ。
早速注文する。しかし店員さんがパウダーサンドの水槽の中を散々探し回るものの居ない。
砂の中にも居ない。むぅ。

仕方ないので他の水槽に単独展示してあったヤシャハゼ&ランドールのペアを購入することに。
ヤシャハゼはどこでも高価なので手が届かない存在だと思っていたが、セール期間中の特別価格でエビセットでかなり安く手に入った。普段のヤシャハゼ1匹分より安いんだからラッキーだったがそれでもネジリンとセットよりは随分と高価。絶対☆には出来ない。

サンゴ水槽のハナガササンゴが非常に安く欲しくてたまらなかったがここは我慢。お目当てのペアだけお持ち帰りにする。

家族がGW旅行中なのでデジカメを貸しているため写真は無いのが残念。
温度水合わせでビニール入りの今しか撮るチャンスがなさそうだがw

水槽に仲間入りした瞬間、ランドールは急いでライブロックに潜り工事を始めた。ヤシャは隅のほうでじっとしている。

ランドールは引き続きトンネル工事中。

ヤシャはカクレペアに見つかり追い回されている。
何とか隠れる場所を見つけたヤシャだったがはっきりいって心配。
今はライブロックの隙間にひっそりと隠れているようだ。

明日になればランドールの穴に隠れてくれていると良いんだけど。
| 海水魚水槽60センチ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
不審者発見
不審者発見
ライブロックをジロジロ眺めるのが好きで、いつものように見ているとどうにも不審な生き物を発見。
ヘタクソなカメラだが何とか撮影に成功。

,浪燭海草の芽だろうか?
サンゴのポリプではないように見える。ちょっと綺麗だから良しとする。
害のあるもので無いといいんだけど。

△魯モイっす。
アナゴかハゼの仲間だったら良かったのだがそんなわけも無く。
ライブロックの穴から うにゃぁぁぁぁ と出てきて何やら食べてる。
食べ終わったらまた穴に戻るみたい。
カンザシの中の人なのか? それともゴカイ系の生き物なのか。

ライブロックって本当に色々な生き物が住んでいるんだなと感心しました。

あ、写真は無いけどこのライブロックの穴にはカニも住んでます。
1センチも無いような小さなカニで悪さをするようなタイプでもなさそうだけど、大きくなったらやっぱり良くないのかな。

この穴に住めないくらい大きくなったら又考えよう。
| 海水魚水槽60センチ | 01:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
イバラカンザシ
イバラカンザシ

60センチ用で購入したライブロックの中で一番大きな岩からはイバラカンザシが数多く顔(?)を出している。
色も多彩で本当に綺麗。
ゴカイの仲間だということを忘れさせてくれる。

イバラカンザシ2

この岩は形も複雑で色々な生き物の住処となっている。
ペパーミントシュリンプ用の穴、ウニが住む穴、ヤドカリが休んでいる穴などがあり、アーチ状になっている5センチほどの隙間の下ではシッタカが休む。
センスが無いので岩をうまく組めないけど、この岩を上手く組めたらかっこいいのになぁといつも思っている。

イバラカンザシ3

この写真の真ん中左から3本の触手みたいなものを出しているのはキモヒトデ、もといクモヒトデです。
クモヒトデだけは何回見ても好きになれないなぁ。
| 海水魚水槽60センチ | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>